GoogleAdSenseの設定にチャレンジ – こつこつライフ.com

Google アフィリエイト

GoogleAdSenseの設定にチャレンジ

投稿日:

2月のAdSenseの申込み状況では不承認でした

AdSenseコードがサイトに配置されてから、申し込みの審査が行われた私のアカウントではこのような結果でした。

「違反が確認されましたので、アカウントは不承認となりました。」

解決の糸口として、承認されなかった理由が書かれていました。

不十分なコンテンツ: AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。

訳がわからずがっかりもしましたが、記事の数も少なかったし、広告を表示させてもらうにはまだまだなのでしょう。

道のりは長いと思いながらも、ぼちぼち記事を投稿していたところ、6月末に、なにやら承認されたとメールが来ました!

大きな理由はわからないのだけれど、やっとAdSenseの承認を得られました

「お客様のサイトがAdSenseに接続されました」

「おめでとうございます!」という言葉に喜ぶと同時に、違反という範囲から違反していない範囲になったことに安心したのと、常にサイトを健全に保つ努力が必要なのだと感じるのでした。

グーグルアドセンス承認

嬉しい反面、プライベートな事でいろいろありすぎた私、ブログ編集に全く手が回りませんでした( ; ; )だから、今日、この時間に必死に頑張ろうと・・・
アドセンス設置まで一踏ん張り(笑)

まずは、GoogleAdsenseのページにて自分のアカウントでログインしたところ「アカウントが有効になりました」と表示が出ました。ホっ。

アドセンスアカウント有効

 

次に、メールに記載のあったリンク先から進み、「広告ユニットを作成する」ことにしました(この時点で、何をどうするかよくわからず不安…)

広告ユニットを作成する

新しい広告ユニット

コンテンツ>広告ユニット> と進み、「+新しい広告ユニット」をクリックして、広告のユニットの設定をすると「広告コード」を取得できるので、その「広告コード」をコピーしてウィジェットに貼り付ける作業をしました。

ちなみに、WordPressのテーマは「Stinger8」を使用しています。管理ページで「外観>ウィジェット」と進むと、すでに広告用のウィジェットが入っていました。

ウィジェットにテキストを貼付

↑こちらの画像の下半分に広告に使えるウィジェットがあります。

  1. サイドバーウィジェット
  2. スクロール広告用
  3. 広告・Googleアドセンス用336px
  4. 広告・Googleアドセンスのスマホ用300px
  5. 広告・スマホ用記事下のみ

ウィジェット内の他の部分を見渡すと「テキスト」という項目があるので、それを上記項目の部分にドラッグするとテキストが入力できるようになります。

ウィジェットにテキスト挿入

「テキスト」の項目の右にあるプルダウン「▼」をクリックすると記入スペースが現れますので、先ほど取得しておいた広告コードをコピー&ペーストします。

ちなみに、広告ユニット作成時に広告サイズを決めるのですが、
1.のサイドバーウィジェットには、ラージスカイスクレイパー、
3.の広告Googleアドセンス用336pxには、レクタングル(大)、
4.の広告Googleアドセンスのスマホ用300pxには、レスポンシブを選択しました。

反映までに少し時間がかかるようなので確認待ちの状態ですが、きちんと設定されることを祈ります。